ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーはシェア率や口コミで選ぶのか、水で選ぶか、それともサーバーのデザインで選ぶのか

元々、自分自身が幼少の頃から水道水を飲むという習慣が無く、必ず沸かしてからお茶にして水分補給していたため、社会人になって独立し都内に住むようになってからは、調理用には浄水器の水を使い、飲用にはミネラルウォーターを買うようにしていました。
結婚し、家族が増えてからはその消費量も当然増え、仕事をしながらの兼業主婦だったため買い物が間に合わなくなって来た時、ウォーターサーバーを検討することにしたのです。
そこで、インターネットで色々なサーバーの情報を集め、比較しました。
ブログから比較サイトまで、様々なサイトでウォーターサーバーの情報を得ることができました。
口コミやシェア率等で人気をランキング形式にして紹介しているサイトも多いのですが、いかんせん情報が多すぎるのか、更新されていないのか、全てのランキングで順位があまりにバラバラなので、迷ってしまいました。
少し前に、芸能人がブログで広告をしている「ステルスマーケティング」という宣伝手法が話題になりました。
昨今ではインターネットの普及により、口コミが以前にも増してどんどん広がりを見せています。
これはビジネスチャンスでもあるわけで、多くの企業が狙いをつけています。
グルメ口コミサイトでは、来店経験のある客からの口コミが公開されるため、多くの店が接客マニュアルやメニューにてこ入れをし、外食産業全体的なサービス能力の底上げを果たしたとも言われています。
消費者も、まず買ってみる、まず店に行ってみる、ということをする前に口コミや評判をチェックしてから、購入や来店をするようになり、行動が変化しました。
そのため、口コミを良いものにしようと、所謂サクラが成りすましで投稿したりといったことが行われるケースもあると報道されました。
ステルスマーケティングはまさにこのサクラ行為そのもので、その信頼性を増すために、また多くの人にその情報を閲覧してもらう為に、一般人の個人ブログではなく著名人や芸能人のオフィシャルブログを使って宣伝しているといったことが話題となりました。
そして、ウォーターサーバーの比較サイトを多数閲覧していて、そこにもステルスマーケティングの手法が散りばめられている事に気付きました。
つまり、ウォーターサーバーは今、産業としてかなり発展しているということです。
多くの企業がビジネスチャンスと捉えているということ、つまり、消費者としても所謂「買い時」であるのだと判断しました。
取り扱う企業や商品が増えたこともそうですが、上り調子で競争が激化している時は、消費者にとってもお得が多いものです。
これが、携帯電話のように飽和状態になり産業の成長が止まってしまうとサービスの改悪が見られたりなど、お得が目減りしてしまいます。
一般的に言えば情報が多いことは嬉しいことですが、今回に関してはあまりの情報の多さに取捨選択する能力を奪われる感じでした。
しかしこれまで、ミネラルウォーターの味にはあまり頓着が無く、飲みやすく手に入れやすいものを選んでいただけだったので、今回もあまり深く追求せず、サーバーのデザインや機能から選ぶことにしました。
そしてお試し期間を経て決定したのですが、実のところを言うと、大変気に入っています。
買い時を逃すことなく、お得を手に入れたと満足もしています。

Copyright(C) 2011 安全な水.com All Rights Reserved.